アイロンビーズでドラクエ3の魔法使い(男)を作ってみよう

アイロンビーズでドラクエ3の魔法使い(男)を作ってみよう

超有名ゲーム「ドラクエ3」から魔法使い(男)を作ってみたいと思います。

「メラ」や「ヒャド」を使い攻撃に特化した職業です。物語の中盤までは使えるのですが後半は賢者という上位職が出てくるため出番は無くなる可哀想な職業でもあります。使い捨てですね。皆様も今の職業から捨てられないように日々頑張って下さい。

では、作り方をご紹介いたします。

1,作るのに必要な色はたったの4色。

必要な色は4色

ファミコンと言えば少ない色数で様々なものを表現しなければならないものでした。ファミコンのゲームを作った人のおかげでドット絵が確立されたと言っても過言ではないでしょう。たぶん。

必要な色は左から「くろ」、「しろ」、「アプリコット」、「みどり」です。

色の準備は終わりましたか?では、作成していきましょう。

2,図案を見ながら簡単に作れる魔法使い。

図案は「ドラクエ3 ドット」や「ドラクエ3 魔法使い」などで検索をかけると出てくと思います。

ペグボードに置く

はい、完成。

図案は載せる事は出来ませんが上の写真を図案代わりとして使って下さい。

3,アイロンビーズ(パーラービーズ)を立たせるために必要な事。

私が立たせる理由は飾るためです。

よくアイロンビーズを作っても使い道がわからないとの声を聞きます。

アクセサリー等にも出来るのですが強度等を考えるとベストではないと考えます。いや、大丈夫なのかな?わかりません(笑)。立てて飾るのが一番いいと思いました(笑)。

自立出来るようにビーズを追加

ビーズを使って自立出来るようにします。マネしてみて下さいね。マネする事は恥ずかしいことではありません。しかし某エンブレムのようにはならないで下さいね。職を失います。

アイロンをかけて完成

アイロンをかけました。高温にせず中温でゆっくりかけて下さいね。

立たせてみた

ほら!立ちましたよ!

4,岩山と洞窟へ探索に行こう。

財宝を探しに冒険に出かけてみました。普段はパーティーを組んで冒険に出るのですが本日は一人です。はたして無事帰ってくる事が出来るのでしょうか?

岩山で冒険だ!

ゴツゴツした岩山を頑張って登ってます。しかし、おじいちゃん一人で冒険に出てもすぐやられそうですけど。意外と年配の方って登山好きですよね。凄いスピードで登る方います。この魔法使いもきっとスーパーおじいちゃんですね。

こんな所に洞窟が!

洞窟発見!このおじいちゃんは入るのが怖いのでお家に帰りましたとさ。めでたしめでたし。

おしまい。

ってなわけで、おじいちゃんの冒険は終わってしまいました。

こちらは僧侶。

僧侶を外で撮影

◆ 関連記事 >>「アイロンビーズでドラクエ3の僧侶(男)を作ってみよう

広告