アイロンビーズでFF3の魔人を作って立たせたお話。

アイロンビーズでFF3の魔人を作って立たせたお話。

皆様こんにちわ。

朝がだいぶ寒くなってきましたね。風邪を引かない様にご注意ください。ちなみに私はすでに風邪気味です。。。

さて、今回はファミコン用ソフト「ファイナルファンタジー3(以下、FF3)」から黒魔導士の上位職、魔人を作成いたします。

魔人を英語に直すと「Demon」です。デーモンですよ!悪いやつです!悪魔です!そんな彼はとても可哀想なのです。なぜならば、このジョブを使用出来るようになった後すぐに最上位職「賢者」様を使えるようになるのです。

あまりにも短命。可愛らしいキャラなのに可哀想です。見た目可愛いのにデーモンって。

では、パーラービーズを使用して作っていきます。

1,魔人を作るために必要なアイロンビーズの色はこれだ!

魔人はこの5色を使用する

魔人クラスともなると使用する色が増えます。なんと5色!

左から「くろ」、「おうどいろ」、「やまぶきいろ」、「アプリコット」、「やまぶきいろ」です。

やはり色数が多いと見栄えがとてもいいです。ファミコンの限界ではあると思いますが昔のドット職人の技術は高い!少ない色数で作るのはとても難しい事だと思います。FF3のドットを作ったのは確か女性の方ですよね?たぶん。凄い!

2,図案を見ながらプレートにビーズを置くのです!

さてさて、図案は検索で探して下さい(笑)。それか今から作りますので図案変わりに使って下さい。

いつもは黒(線画部分)から置いていくのですが、今回は逆バージョンでやってみました。黒以外の色を置いたものがこちら。

黒以外の部分からプレートに置いてみた

意外とこっちの方が作成スピードが速いような気がします。ここまで作れば図案を見ずに黒を置く事が出来ます。なぜかって?

それは下の写真を見て技を盗んで下さい。私程度のドット作成スキルがあれば理解出来るはずです。

魔人完成

おわかりいただけたでしょうか?分からない方は図案を見ながら作って下さい。作れば作るほどドットの仕組みが分かると思います。

3,飾るために自立出来るようにしたい!

毎度おなじみ立たせるシリーズです。ブログをいつも見てくれてる方は飽きたかもしれませんが、お付き合いください(笑)。

自立タイプにする

なんと、これだけで立たせる事が出来るのです!あ、知ってました?

アイロンをかけました

アイロンをかけて、

魔人立ちましたね

完成です。

4,太陽が眩しいシリーズの撮影。

相変わらずの西日の強さ。誰か撮影のやり方を教えて下さい。もっと上手になりたい!!

相変わらず太陽が眩しい

これスマホで撮影してるのですが、いつか一眼レフという高級カメラを購入して撮影に挑みたいです。いいカメラを使えばいい写真が撮れるはず(笑)。たぶん。

では、今回はここまで。

10月もあと少しですが頑張っていきましょう。

では、さよなら。

広告

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)