意外と簡単!アイロンビーズで走るロックマンを作ってみよう【ファミコン】

意外と簡単!アイロンビーズで走るロックマンを作ってみよう【ファミコン】

ファミコン用ソフト「ロックマン」から主人公のロックマンを作ります。

エアーマンが倒せなかったり、おっくせんまんだったりと一大ブームになった彼です。ゲーム自体もとても面白く現在でもシリーズ化されてます。

そんな彼もファミコン時代は色数が少なかったのです。今ではたくさんの色が使われてたり3Dになってたりしてますね。

では、皆に愛される初代ロックマンを作っていきます!

ロックマンをアイロンビーズ(パーラービーズ)で作るのに必要な色

ロックマンを作るのに必要な色

使う色は5つです。ファミコンなのに5色は多いと思います。キャラ自体も少し大きいですしね。

左から「くろ」、「しろ」、「みずいろ」、「スカイブルー」、「アプリコット」です。

パーラービーズの青系の色はたくさんあるので好きな組み合わせでOKです。

青じゃ無くても赤とか緑とかでも大丈夫なのです。だって彼は変身できるから。灰色のロックマンだって存在してますよね。青系を持ってない方は他の色で作ってもいいかと思います。

図案を見ながら作る

図案はgoogle検索で探すとすぐ出てきます。さすがは大先生ですね!

走ってたり棒立ちしてたりスライディングしてたり、様々なポーズがあるので好きなのを作りましょう。

ロックマンの線の部分を作成

まずは、黒のビーズを置いていきます。こうすると他の色を置くのがやりやすくなるのです。全体像も把握できるようになるので私はほとんどこのやり方で作ってます。

ロックマン完成

色をのせて完成です。

多少ミスしても見栄えに問題なければいいと思います。飾った時に違和感が無ければ大丈夫。一番大切なのは楽しむことだからです。

立たせる事が出来るようにビーズを追加する

今回間違えました(笑)。

立たせる事が出来るようにビーズを追加

はい。これ土台部分の穴がずれてます。アイロンがけした後に気がつきました。ズレてるので穴にささらなかったのです。

正しくはこちら。

土台をミスる

テレビ見ながら作ってたので間違ってしまいました。。。

良くあることなのですが大きな作品になると、時間もビーズも勿体ないのでアイロンかける前に間違いがないかのチェックをしましょう。

アイロンをかけて完成

アイロンがけ終了です。アイロンは中温でゆっくりかけて下さいね。高温でやってしまうと私はうまくいきません。高温でサッとやる方もいるようですので人それぞれなのかな?やりやすい方法でやってみるといいかもですね。

ロックマン自立した

穴に差し込むと自立します。躍動感のある作品ができましたね。

ロックマンを元気に走らせてみる

ちょっと曇り空だったので色味が悪いのですがご了承ください。

ロックマンとサボテン

サボテンとロックマンだ!こんなステージありそうじゃないですか?サボテンのトゲに当たると一撃で死亡あるある。

ロックマン冒険に出る

ロックマン旅に出る。さらに疾走感が出たのかなーと思います。実は撮影が一番楽しかったりもします。敵も作って一緒に撮影してみたいものです。

作品が増えてきたら色々なキャラクターを組み合わせて写真を撮りたいと思ってますので楽しみにしてて下さいね。

ミニハマビーズでロックマンを大量に作った記事もありますのでご覧になって下さい。

mini-megaman-6

◆ 関連記事 >>「【作品集】アイロンビーズでロックマンのキャラクターを大量に作った。

そして立体ロックマンもアイロンビーズで作れるんですよ!

アイロンビーズで立体ロックマンを作る

◆ 関連記事 >>「本当は教えたくなかった!アイロンビーズで立体ロックマン作り方を解説

広告