パラディンって胸熱!FF4のセシルをアイロンビーズで作ってみよう

パラディンって胸熱!FF4のセシルをアイロンビーズで作ってみよう

大人気シリーズ「ファイナルファンタージ」からセシルをアイロンビーズで作ってみましょう。

スーパーファミコン用ソフト「ファイナルファンタジー4」と言えば、初のスーファミ作品として話題になりましたね。ストーリーが秀逸で私が一番好きな作品です。

「た5」と言えばわかるでしょうか?バグ技でエクスカリバーを投げまくりでゲームバランス崩しながら遊んでたのを良く覚えてます。主人公セシルが物語の途中で暗黒騎士からパラディンになるのです。

ではパーラービーズでセシル(パラディン)を作ってみましょう。

使用するパーラービーズの色

使用する色は多い

1段目、左から「くろ」、「しろ」、「アプリコット」、「こむぎいろ」。
2段目、左から「パステルきいろ」、「きいろ」、「やまぶきいろ」、「おうどいろ」。
3段目、左から「オーシャンブルー」、「あおむらさき」、「パステルあお」、「スカイブルー」。
4段目、左から「みどり」、「あか」、「ちゃいろ」。

たくさんの色を使いますが、図案を見ながらだと簡単に作る事が出来ます。似た色でも大丈夫ですが上の色をオススメします。

図案を見ながらセシルを作ろう

プレートにビーズを置く

図案を探す事が出来ない方は上の写真を見ながら作ってみましょう。初めに「くろ」を置くと全体像がはっきりするので作りやすいですよ。次は肌色の「アプリコット」と「こむぎいろ」を置くと良いかと思います。

全てのビーズを置き終えたら完成です。

飾るために立たせる事が出来るようにしよう

アイロンビーズ作品は作った後、どのように活用すれば良いのか悩むところです。キーホルダー用のパーツがあればキーホルダーに出来ますが、無い場合はどうすればいいでしょうか?

もし立たせる事が出来れば、飾る事が出来ますよね?アイロンビーズで作ったものは簡単に立たせる事が出来るのです。下の写真を見て下さい。

自立できるようにビーズを追加

セシルの下の方にビーズを数個追加し、追加した数と同じ数の穴をあけた土台となるパーツを作ります。出っ張りが穴にささって立つという仕組みになってます。ここまで出来たらアイロンをかけます。

cecil-5

早速、組み立てましょう。

cecil-4

ちゃんと自立させる事が出来ました。これでどこにでも飾る事が出来ますね。

作品として写真に残しておこう

ゲームのキャラクターが現実世界に出てきた様な写真を撮ってみましょう。

cecil-6

お外で適当に撮影するだけでも、良い感じになります。

キャラクターをたくさん作って、大好きなシーンを撮ってみるのも楽しいかもしれませんね。私が好きなシーンはパロムとポロムが石になって主人公達を助けるところです。機会があれば作ってみたいと思いますのでお楽しみに!

広告