アイロンビーズでマザー2のネスを作ったメイキングを一挙大公開!

アイロンビーズでマザー2のネスを作ったメイキングを一挙大公開!

「おとなもこどもも、おねーさんも」で有名なこのゲームに手を出してしまいました。任天堂が満を持して出したこのゲーム!やった事ある方も多いのではないでしょうか?

スーパーファミコン用ソフト「マザー2」から主人公のネスパーラービーズで作ります。

ネスと言えば私がハマってたWiiのスマブラに参戦してました。弱かったのであんまり使ってないですが(笑)。

前作はファミコンでリリースされたマザー。このキャッチコピーの方が好きですね。知ってますか?

「エンディングまで、泣くんじゃない。」

もうね、泣きそう。序盤に出てくる「おにいさん」が強すぎて泣きそうでした。

では、アイロンビーズで作っていきましょう。

1,必要なパーラービーズの色はコレだ!。

ネスはこれらの色で作られていた!

使用する色は10色と多めです。

上の段、左から「くろ」、「はいいろ」、「しろ」、「こむぎいろ」、「アプリコット」。
下の段、左から「あか」、「さんごいろ」、「さくらいろ」、「あお」、「きいろ」です。

この色選びは図案を見ながら選びます。

図案は検索で見つけて下さい。意外と簡単に見つかるかもしれませんよ。

2,プレートにパーラービーズを置いていく。

黒部分を先にプレートに置く

今回も始めに黒を置きます。黒を先に置くと後々作りやすくなりますが、やり方は人それぞれだと思うので自由にやってみて下さい。

残りの色をプレートに置く

黒以外の色を図案を見ながら置いていきます。

基本的に「ベースの色にハイライトや影」を入れていく感じです。肌色のベース色は「アプリコット」で影の部分(顔の上や下の方)が「こむぎいろ」です。

ドットの作り方が分かるとアイロンビーズ作品を楽しくクオリティが高く作れるのではないでしょうか?

ちなみに私がドットを勉強するときに買った本はこちら。

ドット絵職人―すべてのパソコンに入っている「ペイント」ツールでつくる (MdN books)

この本のおかげで多少ドットに精通する事が出来ました。あんまりお上手ではないですが。。。

とりあえず、ネス完成です。

自立させるためにビーズを追加する

いつものように、自立させるための作業をします。

立たせる必要がない人は、この行程を外しても大丈夫です。

3,アイロンをかけて自立させる。

アイロンをかける

アイロンを丁寧にかけ、全ての行程が終わりです。

簡単でしょ?図案通りに作ればいいだけなので。

ネス立つ!

ネス立つ!

4,冒険に出るネス。

ちょっと引き気味に撮影

RPGの主人公は総じて冒険好き。とても長い距離を歩く事が出来るので体力があります。すげーよな。へっぽこ主人公でも永遠と歩く事が出来るって。。。ありえないですよね。しかし、ゲームの世界なのでってことで!

ネスの冒険は始まったばかり

とても面白いゲーム「マザー2」のネスをお送りしました。
また有名ゲームや隠れた名作などのキャラクターを作っていきますので楽しみに!

では、今回はここまで。また次回お会いしましょう。

広告

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)