アイロンビーズでミニミニ雛壇を作るプロジェクト中盤【四段目】

アイロンビーズでミニミニ雛壇を作るプロジェクト中盤【四段目】

皆様こんにちわ。

アイロンビーズで作る雛壇プロジェクトも中盤にさしかかりました。世界最小のミニハマビーズを使用しての作成は、とっても楽しいです。

今回は上から四段目の隋臣(ずいじん)と飾り物を作ります。どんどんボリュームが出てくるので作ってて楽しい限りです。ひな祭りまで時間があるので、ぜひ私が作った物をマネして作ってみて下さい。

では、四段目作ります!

雛壇四段目の図案はこちら!

隋臣(ずいじん)と飾り物

弓矢を持ってるっぽい人が隋臣(ずいじん)って言うそうです。赤と黒の服を着て左右に飾ってるようです。あんまり詳しくないですが、ちょっと調べてみました。やはり作るにあたって色々調べるのは良い事ですね。知らなかった事を学ぶ機会になりますので。

中央には2種類の飾りを飾ります。この辺は適当に作ってます(笑)。

立たせるための土台

隋臣とかを立たせる土台です。前回作った物と全く同じです。

差し込む部分ですが、出っ張りビーズ3個に対して、穴はビーズ4個分です。これはミニハマビーズで立たせたい時は穴をビーズ1個分大きくしないと刺さらないためです。初回で盛大に失敗しております。

アイロンをかけて組み立てる。

アイロンをかける

ミニハマビーズは小さいビーズなので低温でかけます。アイロンの種類によっては低温でもバリバリ溶けるらしいので、お手持ちのアイロンと相談しながら作成して下さいね。ちなみに私が使用しているアイロンは先っぽの方の温度がかなり高くなってしまします(汗)。

組み立てて完成

穴に差し込んで完成です。これで約半分くらいでしょうか?地道にコツコツ作っていきますので完成まで楽しみにしてて下さい。

では、今回はこれで終わりです。

次回をお楽しみに!

さよなら〜。

広告

コメント01426 PV

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)